• TOP
  • 腎・泌尿器科外来

腎・泌尿器科外来について

腎・泌尿器科とは

頻尿、尿漏れ、排尿困難などの尿のトラブル以外にも、若い方にも多い尿路結石、
男性更年期障害、子供のおねしょ、膀胱炎などの感染症、腎がん・膀胱がん・前立腺がんなどの悪性腫瘍、
検診での血尿・たんぱく尿などの検査異常、腎機能異常の検査、高血圧・痛風、透析、EDなど老若男女を問わず、非常に幅広い分野をカバーしています。
なかなか専門医でないと対応出来ない部分が多い分野でもあります。

診療内容

・前立腺肥大症や過活動膀胱などの排尿障害(排尿困難、頻尿、尿意切迫感、尿失禁など)
・尿路性器悪性腫瘍 (腎癌、腎孟尿管癌、膀胱癌、前立腺癌、精巣腫瘍、陰茎癌)
・尿路結石症
・男性更年期障害とED(勃起不全)
・夜尿症(おねしょ)・小児包茎
・腎機能異常(慢性腎臓病など)
・高血圧・痛風・高尿酸血症 
・前立腺癌検診(PSA検診)
・尿路感染症(急性膀胱炎・腎盂腎炎)、性感染症(クラミジア、HIVなど)
・皮膚科疾患(急性湿疹、みずむし、乾燥性皮膚炎、蕁麻疹、その他)
・セカンドオピニオン外来
・その他

腎・泌尿器外来受診方法

1 受付
・受付で事務員に腎・泌尿器外来受診希望とお伝えください。
・自費診療を希望の場合は、保険証の提出は必要ありません。その旨をお伝えください。

2 問診票を記載してください
・問診票を簡単に記載してください。書きたくない場合、書きにくい内容の場合は、未記載、別の内容記載でも問題ありません。

3 必要に応じて尿検査を行っていただきます
・尿検査をお願いする場合があります。

4 診察
・診察室にお呼びします。
・プライバシーには十分配慮いたします。

5 検査
・必要に応じて検査を行う場合があります。

6 院内処方・会計
・当院では院内処方で薬をお渡ししています。
・ED薬(バイアグラ等)は診察室で診察時にお渡しします。待合室で受け取ること、説明を受けることはありません。

症状から Q&A

Q)尿の回数が多い、夜起きる回数が多いです?
A)頻尿、尿切迫感などの症状を過活動膀胱(かかつどうぼうこう)と言います。神経疾患(脳、神経の病気)、ストレス、前立腺肥大症など様々な原因があります。残尿量、エコー検査などで異常がないか評価します。現在、様々な過活動膀胱の薬があります。当院でも多くを採用しています。ぜひ、ご相談ください。

Q)見た目に赤い血尿があります?
A)血尿の原因として多いのは、尿路結石、尿路感染症などです。しかし、一部の膀胱がんなどの悪性腫瘍があります。肉眼的血尿を一度でも認めた場合は、ねんのため精密検査を行うことが必要と考えます。特に50歳以上、喫煙者は膀胱がんの可能性がたかくなるので注意が必要です。

Q)こどものおねしょ(夜尿症)が心配です?
A)こどものおねしょを夜尿症(やにょうしょう)といいます。一般的には5~6歳(小学校入学前後)以後の夜尿を夜尿症といいます。小学性になっても夜尿が続く場合は、積極的な生活指導や、お薬による治療など、適切な対策をとったほうがよい場合があります。低学年で約10%、高学年で約5%のお子さんに夜尿症があると言われております。原因も様々で、抗利尿ホルモンの夜間分泌不足、膀胱容量が小さい、睡眠の影響、ストレス、膀胱・腎臓などの異常など様々です。しかし、多くは自然に改善していく場合も多いです。当院でもお子様、お母様、お父様と一緒に生活指導、薬物治療などの治療を進めてまいります。お子様に不安がない専門外来を目指します。午後の外来を受診してください。

Q)6歳のこどもの包茎が心配です?
A)包茎には2種類あります。亀頭部が全くでない真性包茎と包皮を一部でもむくことができて亀頭部が見える仮性包茎があります。こどもの包茎の手術は、様々ん議論がありますが多くは保存的に対応することで改善が期待できます。無理に包皮をむこうとすると小学生以降ではいやがって今後やらなくなってしまうことも多いです。本人によく指導、理解してもらうことが重要です。当院でのできるだけ保存的に包皮の翻転(ほんてん)を行うことを指導します。必要に応じてどうしても手術が必要な場合は専門の病院をご紹介します。ご心配な場合は、お気軽にご相談ください。(なるべく午後の外来受診をお願いいたします(指導時間確保のため))

Q)前立腺がんのニュースをみて自分も心配ですが?
A)前立腺がんにはPSA(prostate specific antigen, 前立腺特異抗原)といった腫瘍マーカーがあります。簡単な採血検査でわかります。また、直腸診、エコー検査なども行います。PSAが異常値だからといって、前立腺がんといいたわけでばありません。その後、MRI検査等を含めてがんを疑う場合は、前立腺針生検(組織をとる検査です)を行う場合があります。ご心配な方はお気軽にご相談ください。

Q)他の病院で泌尿器(腎・尿管・膀胱・前立腺など)のがんといわれました。心配で相談できますか?
A)もちろんお気軽にご相談ください。腎泌尿器科外来担当医は、がん治療学会、日本泌尿器科学会の専門医です。通常、大学病院で多くの治療に携わっております。心配なこと、一般的な治療、手術はしなければいけないか、セカンドオピニオンなど、不安なことはなんでもお気軽にご相談にいらしてください。

Q)男性更年期障害とは何ですか?
A)男性更年期障害とは、男性ホルモン(テストステロン)低下に伴い、倦怠感、疲労感、ほてり、発汗、心のイライラや抑うつ、不眠、記憶力の低下、ED(勃起不全)などの症状を認めることをいいます。症状は、様々です。男性ホルモンが低下している場合は、注射等により補充する方法もあります。EDに関しては、ED改善薬(バイアグラ・レビトラ・シアリスなどの内服薬)があります。自費になりますが当院でも採用しています。お気軽にご相談ください。

Q)最近血圧が高めで心配です?
A)血圧の目標値は診察室では140/90mmHg未満、家庭では135/85mmHg未満と言われています。血圧の目標値は年齢や合併症によってもやや異なります。慢性腎臓疾患、冠動脈疾患などがある方はこれよりも目標値が低くなります。高血圧患者さんの約30%に腎障害が隠れている可能性があります。高血圧が進むと腎障害が進み、腎障害が進むと高血圧が悪化します。ご心配な方はお気軽にご相談ください。

Q)股の間に湿疹が出てかゆみがあります。診てもらえますか?
A)急性湿疹や股白癬(みずむしと同じ菌)など様々な原因が考えられます。これら皮膚疾患に対しても可能な限り治療していきます。また、必要に応じて専門医をご紹介いたします。皮膚でお困りのこともお気軽にご相談ください。

Q)性感染症が心配です。検査してもらえますか?
A)もちろん可能です。クラミジア性・淋菌性尿道炎、膣炎が増えています。症状があれば保険診療が可能です。最近、梅毒などが増加しています。性感染症の血液疾患(HIV、梅毒、B型肝炎など)の検査も症状がない場合自費になりますが可能です。お気軽にご相談ください。(この場合、受付問診票の記載は簡単で結構です。未記載、内容が違っても大丈夫です。診察室でDrにご相談ください。)

Q)腎・泌尿器科疾患以外でも相談できますか?また、大学病院などを紹介してもらえますか?
A)もちろん相談できます。大学の各科専門の先生に相談することも可能です。腎・泌尿器疾患以外でもお悩みがありましたらお気軽にご相談ください。

お気軽にご相談ください。

自費診療(自費診療は薬代のみで診察料はかかりません)

初診料 2,000円
薬代のみで再診料は頂きません。

ED薬

バイアグラ(ジェネリック) 50mg 1錠 1200円
バイアグラ(正規品) 50mg 1錠 1600円
シアリス 10mg 1錠 1600円
シアリス 20mg 1錠 2000円
レビトラ 10mg 1錠 1700円
レビトラ 20mg 1錠 2100円

診療時間

毎週月曜日 AM8:30~12:00 PM2:00~6:00(受付時間は、PM5:30まで)

待ち状況確認・インターネット受付はこちら

医療連携施設

・東京慈恵会医科大学(ホームページ
・東海大学付属八王子病院 等

  • 整形外科からだチェック
  • 治療の特徴
  • 腎・泌尿器科外来
  • スタッフ紹介
  • 施設・設備紹介
  • アクセス
    • アクセスマップ
    • 初めてご来院される前に
    • 問診表ダウンロード
  • ブログ
    • 当院の治療ブログ
    • インフォメーションブログ